2016年8月のブラジルリオデジャネイロオリンピックにより身近な国になったブラジルですが元々日本とブラジルは非常に密接な関係を持っています。

1895年の修好通商航海条約から始まり、1908年の日本人の本格的な移民政策の開始、第2次世界大戦で一時的に団交状態にありましたがすぐに国交回復し、常に人的交流・経済交流が絶えることなく行われてきました。

日本政府による移民政策で渡った第1世代の人々の大変な苦労を基礎にその子孫の日系人はブラジル社会に溶け込み多くの産業で重要な位置を占めるようになっています。

ブラジル

ブラジルは南米大陸最大の面積を持ち、買っては農産物が産業の中心でしたが1940年代以降、政府による経済発展政策の導入で工業国と変化、1970年代の「ブラジルの奇跡」と呼ばれる経済発展を経て現在は農林水産業、鉱工業、サービス業など多様な産業がブラジルの経済を支えています。また文化面においても世界的な影響力を持つ独自の発展を遂げたものも多くあります。ブラジルの文化は先住民及びヨーロッパ、アフリカ、アジア各地から持ち込まれた様々な文化が混じり合い独自の発展を遂げてきました。そして古くからスポーツ、音楽、映画、文学など世界的に高い評価を受ける人材を多く送り出しています。

弊社ではそのユニークなブラジルの商品から厳選されたものをどこよりも早くお届けしてまいります。